top of page
grf-min.png

助けるのはだけじゃない

Future Developments

29341608_m-min.jpg

これから私たちがどのような展開を考えているかを、入職を希望される皆さんにお伝えします。

「救急医療のフロントラインとして選ばれる存在」をミッションに突き進みながら、「救急医療を通じて、一人ひとりの物語を照らします」というビジョンを追求していきます。


このビジョンを達成するために重要なことが1つあります。それはかかりつけの患者さんを徹底的に大切にすることです。

目の前の患者さんにわたしならどんなことができるか。
どんな声をかけると喜ばれるか。
​なにに困っているかに敏感であるか。


言葉にできない声に耳をかたむけているか。
想いを代弁できているか。
より便利でスムーズに医療を受けられているか。


考えることはいくらでもできます。
それをカタチにして患者さんへ実際に提供する。
そして良いことは皆で教えあう。


徹底的にかかりつけの患者さんを大切にできたら、きっと、私もかかりつけになりたいと思う方が増えてくると思います。


そうしていくことで、瞬間的な対応で終わりがちな救急医療も、患者さんの思いや人生観に寄り添うことになり、幅広く展開していくことができるようになります。


これを1か所で実現できたら、どこででもできるようになるはずです。


そうなったとき、わたしたちの事業は複数の場所にも広げられ、あまねく日本中でも提供できるようになると考えています。


​そんな未来図を描きながら、スタートアップ企業のように、この事業は展開していくつもりです。

Be a change agent,

always innovation.

bottom of page